はじめての彼氏

はじめての彼氏ができました。

彼との出会いは塾でした。
私は同じ中学の人と一緒の塾に通うことが嫌で家から少し遠いところにある塾に通っていました。
彼は他校の人でした。

彼の第一印象は最悪で、どちらかというと苦手な人でした。
いつもすれ違う度、「ダッセー制服だな‼」と私の通う学校の制服をからかい友達と笑っていました。

ある日、いつもからかう彼が何も言ってこなく拍子抜け。
逆に気になりすぎて意識するようになってしまいました。

そんな時、教室で誕生日の話題で盛り上がっていて偶然彼の誕生日を知り、驚きました。
私と同じ誕生日でした。

単純ですが運命だと感じてしまい、日を増すごとに好きになっている自分がいました。

塾のイベントでのお泊まり会。
夜は女の子達が集まり好きな人の暴露大会をして楽しんでいました。
私の番になり、彼を好きなことを伝えると皆がとても驚いて大騒ぎになりました。
大騒ぎの結果、声が部屋の外に漏れていたようで彼本人に聞かれてしまっていたことを後から友達に知らされました。

それから気まずくなってしまい、お互い目を合わせることができなくなっていましたが、友達が彼から手紙を預かってきてくれました。

手紙の内容は、
「付き合いませんか?」

たった一言で、凄く嬉しくて嬉しくて幸せいっぱいでした。
私は彼とあまり話したことはありませんでしたが、苦手な人が好きな人になり、私は彼の彼女になりました。

しかし、彼の学校の全く知らない女の子から友達伝いに手紙が届くようになりました。

「私はキスする約束もエッチする約束もしてる」

「どっちから告白したの?」

「私も◯◯のこと好きだから」

そんな内容の手紙が届くようになりました。

私は中1。
彼よりも、彼のことを好きな女の子よりも考えが幼かったのでしょう。

会いたいけど…会いたくない…

驚きと悲しさと、どうしていいのか分からなくなり…

突然塾をやめました。

彼の家も彼の連絡先も知らないまま、1度もデートもしないまま、私の恋は終わりました。

参考記事:根暗少年の復讐ハーレム調教計画